バッテリーの知識BATTERY KNOWLEDGE

バイク用バッテリーの知識

バイク用バッテリーの交換方法

バッテリーの電解液は腐食性の希硫酸です。(毒物及び劇物取締法で劇物指定)
バッテリーの点検,交換,その他作業をされる場合は、保護めがね,ゴム手袋を必ず着用してください。
取り扱いをあやまると大怪我,やけど,失明,機器の破損に繋がります。
また、バッテリー添付の取扱説明書には『安全上のご注意(危険/警告/注意)』が記載されています。取扱説明書を熟読いただき、作業が不安な場合は仕入先,ご購入店にご相談ください。

交換方法の流れ Point.1 「バッテリータイプの確認」

※バッテリータイプによって、交換のための準備などが異なります。お手元のバッテリーのタイプを確認してください。

タイプ1:開放液式(ベント形)電解液別タイプ

タイプ2:VRLA形(制御弁式)電解液別タイプ

タイプ3(VRLA形液入充電済)の場合の交換方法

交換方法の流れ Point.2 「交換方法」  Point.1 「バッテリータイプの確認」  Point.3 「バッテリーの交換」

タイプ1:開放液式(ベント形)電解液別タイプ

※実際のバッテリーの交換作業手順は、Point.3もご参照ください。

1.古いバッテリーの取り外し

※異なりますと取付,使用が出来ないだけでなく、バッテリー爆発,車両損傷,大怪我の原因となることがあります。
カタログ・ホームページに記載の要項表,互換表も併せて確認願います。

2.新しいバッテリーの準備〜搭載

<作業1 注液準備>
1.電解液容器の用意
・電解液容器を用意(カタログ・ホームページで確認)
※機種により数本にわたる場合があります。

<作業2 注液>
2.注液
・ 液口栓をすべて取り外す。
・ シール管(ゴムキャップ)を排気エルボから取り外します
 (シール管(ゴムキャップ)がない機種あり)。
・ 電解液容器に添付の注液ホースを取り付ける。
・ こぼれないように電解液を注入する(UPPER LEVELまで)。
・ 液面が安定するまで20分程度静置する。
※液面が低下した場合、また追加で注入する(UPPER LEVELまで)。
※液面がUPPER LEVEL以上となった場合は、スポイト等で抜き取ります。
※バッテリーによっては電解液があまる場合があります。

3.放置
・液口栓ははずしたままで。
・注液後、約20分程度放置する(電解液が極板に浸透し電気を取り出せるようにするため必要です)

<作業3 充電>
4.充電
・液口栓ははずしたままで行います。
・注液後20分程度放置すれば、そのままご使用いただけますが、より快適なエンジン始動のため、充電いただくことをお薦めします。
・充電時間は取扱説明書記載の充電時間を。また、充電器の取扱説明書もあわせてご確認ください。
※充電完了を確認してください(完了の確認方法は比重(1.270〜1.290(20°C)もしくは、全セルから泡がブクブク出ます)。

5.液口栓を締める
・充電後、30分程静置した後に、液口栓を取り付けます。

<作業4 搭載>
6.搭載する
・バッテリーをバイクへ取り付ける
※実際のバッテリーの交換作業手順は、Point.3もご参照ください。

<作業5 後処理>
7.廃液処理
・電解液容器に希硫酸が残っている場合は、中和して捨てます。
・電解液容器は中和・洗浄の上捨てます。
中和処理とは

8.古いバッテリーの処理
・使用済のバッテリーは仕入先/ご購入店にお申し付けください。(リサイクル推進にご協力願います)

タイプ2:VRLA形(制御弁式)電解液別タイプ

※実際のバッテリーの交換作業手順は、Point.3もご参照ください。

1.古いバッテリーの取り外し

※ 異なりますと取付,使用が出来ないだけでなく、バッテリー爆発,車両損傷,大怪我の原因となることがあります。
カタログ・ホームページに記載の要項表,互換表も併せて確認願います。

2.新しいバッテリーの準備〜搭載

<作業1 注液準備>
1.電解液容器の用意
・電解液容器を用意してください。(カタログ・ホームページで確認できます)
・電解液の注口部のカバーを取り外します(電解液容器のアルミ製封口シールは絶対に外さない)

<作業2 注液>
2.注液
・バッテリー上面に貼っている封口シールをはがします。
・電解液容器をバッテリーの注液口に軽くはめて垂直にいっきに押し込みます。
※電解液容器注口部のシール部が破れ、注液が始まります。

3.注液の確認
・電解液がキチンと注入されているか確認します。(電解液容器の6ヶ所から泡が出ていますか?)(電解液容器の液面がだんだん下がっていますか?)
※泡が出ていないところがあれば、電解液容器の上部をとんとんと軽くたたいてみてください。
・電解液がなくなれば注液完了です。(電解液が余ることはありません)

4.放置
・バッテリー注液部はカバー(密封栓)をせずに放置してください。
・注液後、約20分〜1時間程度放置します(電解液がセパレータに浸透し電気を取り出せる状態になります)。
※1時間以上放置すると、性能低下し短寿命となることがあります。

5.カバー(密封栓)の取付
・電解液容器についていたカバー(密封栓)をバッテリーの注液口にはめ込みます。
※バッテリー上面と同じ高さになるまでしっかりとはめ込みます。

<作業3 充電>
6.充電
・カバー(密封栓)は付けた状態で充電します。(開けてしまうと、カバーの破損や性能低下の原因となります。)
・注液後20分程度放置すればそのままご使用いただけますが、より快適なエンジン始動のため、充電いただくことをお薦めします。
・充電時間は取扱説明書記載の充電時間を。また、充電器の取扱説明書もあわせてご確認ください。
※充電完了を確認してください。
※充電時間の目安はこちら
※充電完了の目安はこちら

<作業4 搭載>
7.搭載する
・バッテリーをバイクへ取り付けます。
※実際のバッテリーの交換作業手順は、Point.3もご参照ください。

<作業5 後処理>
8.希硫酸容器処理
・電解液容器は中和・洗浄の上捨ててください。
中和処理とは

9.古いバッテリーの処理
・使用済のバッテリーは仕入先/ご購入店にお申し付けください。(リサイクル推進にご協力願います)

タイプ3(VRLA形液入充電済)

※実際のバッテリーの交換作業手順は、Point.3もご参照ください。

1.古いバッテリーの取り外し

※ 異なりますと取付,使用が出来ないだけでなく、バッテリー爆発,車両損傷,大怪我の原因となることがあります。
カタログ・ホームページに記載の要項表,互換表も併せて確認願います。

2.新しいバッテリーの準備〜搭載

※液入充電済タイプは注液充電済みであり、基本的に「充電」作業は不要です。

<作業1 注液準備>
1.充電状態確認
・基本的に充電は必要ありませんが、在庫状況によってはエンジンが掛かりにくい場合があるため、念のためバッテリーの充電状態を確認してください。『電圧と容量,充電時間』の項を参照。
・オープン電圧が12.4V未満であれば充電をしてください。
・充電時間は取扱説明書記載の充電時間を。また、充電器の取扱説明書もあわせてご確認ください。
・オープン電圧が12.4V以上であればそのままバイクへ搭載してください。
※充電時間の目安はこちら
※充電完了の目安はこちら

<作業2 搭載>
2.搭載する
・バッテリーをバイクへ取り付けます。

<作業3 後処理>
3.古いバッテリーの処理
・使用済のバッテリーは仕入先/ご購入店にお申し付けください。(リサイクル推進にご協力願います)

交換方法の流れ Point.3 「バッテリーの交換」  Point.1 「バッテリータイプの確認」  Point.2 「交換方法」

タイプ1:開放液式(ベント形)電解液別タイプ

<古いバッテリーの取り外し>
取り外し手順
・マイナス端子を外す。
・次にプラス端子を外す。
・バッテリー取付金具(ゴムバンド等の場合あり)を外す。
・バッテリー収納ケース(皿)に小石,ゴミが無いことを確認する。
・バイク側ターミナルに錆がある場合は、金ブラシで錆を落とす。
・バッテリーに排気チューブが同梱されていない機種は、古いバッテリーより排気チューブを取り外す。

<新しいバッテリーの取り付け>
取り付け手順
・確実にバッテリーのキャップが取り付けられていることを確認する。
・バッテリー収納ケース(皿)にバッテリーを設置し、取付金具(ゴムバンド等の場合あり)でしっかり取り付ける。
・最初にプラス端子を取り付ける。
・次にマイナス端子を取り付ける。
・端子カバーがある場合は、端子カバーを取り付ける。

<取付後の確認>
確認!
・取り付けが完了したらエンジンを始動してください。始動操作は5秒以内とし、1回で始動しない場合は、10秒くらい停止後、再び始動操作を行ってください。
・ただし、この操作を数回行っても始動しない場合は、バッテリーや始動回路を点検してください。

取付時の注意
1.上記取り外し/取り付け時のプラス/マイナスの順番を絶対に間違えないでください。
※順番を間違えて作業をすると、スパナ,レンチ等とバッテリー端子の接触により、スパーク(火花)が発生しバッテリー爆発による怪我,バイクの損傷等重大事故の原因となります。

2.古い排気管(ビニール製チューブ)と同じ長さに新しい排気管(ビニール製チューブをカットします。バッテリーの排気チューブ取付口に折れ曲がったりしないようにビニール製排気チューブ(※)をしっかり差し込んでください。

3.センサー付きのバッテリー,オプションのセンサーをお使いの場合は、車両側ケーブルと正しく接続してください。

※排気管チューブについて

<保管について>
交換用開放液式バッテリーの補償期間(6ヶ月または1万kmどちらか早い方)は、お客様のご購入日が起算日となっております。(取り付けた時,使用開始した時ではありません)
やむ得ず、すぐに使用開始しない場合,バイクに乗られない場合は以下の項目をご参照願います。

1.保管される場合(買い置き,在庫)
・液別タイプ(即用,ドライ,DRYタイプ)の場合は、使用開始直前まで電解液を入れずに保管してください。
・液入り充電済みの場合は、使用していなくても自己放電が進むため、2〜3ヶ月に一度補充電をしてください。
・また、何れのタイプのバッテリーでも使用開始までの保管期間中に自己放電が進むと共に保管期間中にも劣化が進行します。(使わなくても寿命が進行します)
・使用開始の際には、上記項,取扱説明書をご確認いただき、必要に応じて、注液,補充電を行いご使用いただきますようよろしくお願いいたします。
・補充電をした場合でも保管期間は、1年までとし早めに使用開始してください。

2.バイクを乗らない場合
・バイクをご使用にならない場合でも、バッテリーは自己放電すると共に、車両の電気負荷(コンピュータメモリー,時計,セキュリティー等)により放電します。
・また、バッテリーは放電したまま放置すると、充電不能となることがあります。
・いざという時にバッテリーあがりにならないように、バイクに乗らない場合は、バッテリー端子を外すか、1〜2ヶ月に一度バッテリーを充電してください。(尚、バッテリー端子を外した場合でも、自己放電はしますので2〜3ヶ月に一度補充電を行ってください)

バッテリーの充電は充電器の取扱説明書を熟読し行ってください。
バイク用バッテリーの公称電圧・容量(本体・要項表に記載)に応じた充電器をご使用ください。
VRLA(制御弁式)バッテリーはVRLA対応充電器をご使用ください。
電圧が異なったり、VRLA未対応充電器での充電は、バッテリーの故障だけでなく、引火爆発の原因となります。

タイプ2:VRLA形(制御弁式)電解液別タイプ/タイプ3:(VRLA形液入充電済)

<古いバッテリーの取り外し>
取り外し手順
・マイナス端子を外す。
・次にプラス端子を外す。
・バッテリー取付金具(ゴムバンド等の場合あり)を外す。
・バッテリー収納ケース(皿)に小石,ゴミが無いことを確認する。
・バイク側ターミナルに錆がある場合は、金ブラシで錆を落とす。

<新しいバッテリーの取り付け>
取り付け手順
・確実にバッテリーのキャップが取り付けられていることを確認する。
・バッテリー収納ケース(皿)にバッテリーを設置し、取付金具(ゴムバンド等の場合あり)でしっかり取り付ける。
・最初にプラス端子を取り付ける。
・次にマイナス端子を取り付ける。
・端子カバーがある場合は、端子カバーを取り付ける。

<取付後の確認>
確認!
・取り付けが完了したらエンジンを始動してください。始動操作は5秒以内とし、1回で始動しない場合は、10秒くらい停止後、再び始動操作を行ってください。
・ただし、この操作を数回行っても始動しない場合は、バッテリーや始動回路を点検してください。
※ 最初の始動はキックがついているバイクでは、キックスタートをお薦めします。

取付時の注意
上記取り外し/取り付け時のプラス/マイナスの順番を絶対に間違えないでください。
※順番を間違えて作業をすると、スパナ,レンチ等とバッテリー端子の接触により、スパーク(火花)が発生しバッテリー爆発による怪我,バイクの損傷等重大事故の原因となります。

<保管について>
交換用VRLAバッテリーの補償期間(12ヶ月または2万kmどちらか早い方)は、お客様のご購入日が起算日となっております。(取り付けた時,使用開始した時ではありません)
やむ得ず、すぐに使用開始しない場合,バイクに乗られない場合は以下の項目をご参照願います。

1.保管される場合(買い置き,在庫)
・液別タイプ(即用,ドライ,DRYタイプ)の場合は、使用開始直前まで電解液を入れずに保管してください。
・液入り充電済みの場合は、使用していなくても自己放電が進むため、2〜3ヶ月に一度補充電をしてください。
・また、何れのタイプのバッテリーでも使用開始までの保管期間中に自己放電が進むと共に保管期間中にも劣化が進行します。(使わなくても寿命が進行します)
・使用開始の際には、上記項,取扱説明書をご確認いただき、必要に応じて、注液,補充電を行いご使用いただきますようよろしくお願いいたします。
・補充電をした場合でも保管期間は、1年までとし早めに使用開始してください。

2.バイクを乗らない場合
・バイクをご使用にならない場合でも、バッテリーは自己放電すると共に、車両の電気負荷(コンピュータメモリー,時計,セキュリティー等)により放電します。
・また、バッテリーは放電したまま放置すると、充電不能となることがあります。
・いざという時にバッテリーあがりにならないように、バイクに乗らない場合は、バッテリー端子を外すか、1〜2ヶ月に一度バッテリーを充電してください。(尚、バッテリー端子を外した場合でも、自己放電はしますので2〜3ヶ月に一度補充電を行ってください)

バッテリーの充電は充電器の取扱説明書を熟読し行ってください。
バイク用バッテリーの公称電圧・容量(本体・要項表に記載)に応じた充電器をご使用ください。
VRLA(制御弁式)バッテリーはVRLA対応充電器をご使用ください。
電圧が異なったり、VRLA未対応充電器での充電は、バッテリーの故障だけでなく、引火爆発の原因となります。

 

VRLAバッテリーの充電完了の目安
・VRLA(制御弁式)バッテリーはVRLA対応充電器での充電が必要となります。(未対応充電器での充電はおやめください)充電につきましては、VRLA対応充電器の取扱説明書をご確認ください。
・VRLAバッテリーは特性上、比重を点検することが出来ないため、 開回路電圧で充電状態を点検する必要があります。開回路電圧の測定は、通電打ち切り後、30分程度経過した頃の 安定した電圧を計測してください。
・VRLA対応充電器での充電完了の目安は、上記「通電打ち切り後、 30分程経過した安定した電圧」で12.8V以上となります。

中和処理とは

二輪車用バッテリーに電解液(希硫酸)を注入後、電解液容器にまだ電解液が残っていることがあります。
電解液はそのまま下水に流したりすることは出来ません。
電解液を廃棄する際は、以下の項目を確認してください。

廃棄処理の際は、保護めがね、ゴム手袋を必ず着用してください。
1. 中和作業

中和剤には家庭用の重炭酸ソーダ(重曹)を使用します。電解液100ccに対し重曹約80グラム必要です。


2. 廃棄作業

★ボトルに残った電解液は絶対にそのまま廃棄しないでください。危険なばかりでなく、廃棄物処理法で違法となる場合もあります。
★目に入ったり、身体に付着したらすぐに説明書に記載の処置をしてください。