バッテリーの知識BATTERY KNOWLEDGE

バイク用バッテリーの知識

バイク用バッテリーの基礎知識

バッテリーの構造

VRLAバッテリーの構造

型式の見方 バッテリーの構造  容量について  VRLAと開放型の違い  6Vバッテリーと12Vバッテリー  液別タイプと充電済みタイプ

容量について バッテリーの構造  型式の見方  VRLAと開放型の違い  6Vバッテリーと12Vバッテリー  液別タイプと充電済みタイプ

バッテリーの容量は、「〜Ah」という単位で表し、カタログや外箱に「○○Ah」という形で記載されています。

時間率について

バッテリーは化学反応で電気を溜めたり出したりしていますので、電気の取り出し方によって取り出せる電気の総量が変わってくるのです。
具体的には、大きな電気を短時間で取り出すより、小さな電気を長時間かけて取り出す方が、より多くの電気を取り出すことができるのです。しかし、これではそのバッテリーの容量を表すことができませんので、時間率という単位で基準化して表しています。

オートバイ用バッテリーは「10時間率(10HR)」という基準で表記されています。
例えば、10時間率「10Ah」は1Aの電流を10時間流すことができます、という意味になります。
(1A×10h=10Ah)

国内自動車用バッテリーと欧州自動車用バッテリーの時間率

国内自動車用バッテリーは「5時間率(5HR)」、欧州自動車用バッテリーは「20時間率(20HR)」が採用されています。

VRLAと開放型の違い バッテリーの構造  型式の見方  容量について  6Vバッテリーと12Vバッテリー  液別タイプと充電済みタイプ

現在、オートバイ用バッテリーには開放式とVRLA(制御弁式)の二種類のタイプが存在します。
以前は開放式が主流でしたが、現在は車両多様化によるメンテナンスフリー性、コンパクト性のニーズが高まり、VRLAタイプが主流となっています。

VRLA(制御弁式)バッテリーの特徴

注意点
VRLA(制御弁式)は、充電方法が通常のバッテリーに比べて非常にデリケートです。充電方法を間違えると、ケースが膨らんだり、極度に寿命が短くなるケースがありますのでご注意ください。また、絶対にフタをこじ開けないでください。

解放式タイプの特徴

6Vバッテリーと12Vバッテリー バッテリーの構造  型式の見方  容量について  VRLAと開放型の違い  液別タイプと充電済みタイプ

バッテリーの1セルの電圧は2Vです。そのセルが3つあるものは6V(2V×3)です。6つあるものは12V(2V×6)です。
オートバイ用バッテリーとしては、以前は6Vが主流でしたが現在はほとんどの車両が12Vのバッテリーを搭載しています。

それぞれのバッテリーに互換性はありませんので、必ず同じ電圧のものをお使いください。

液別タイプと充電済みタイプ バッテリーの構造  型式の見方  容量について  VRLAと開放型の違い  6Vバッテリーと12Vバッテリー

現在オートバイ用バッテリーには、電解液を注入してから使用する液別タイプと既に電解液が入って充電されている充電済タイプがあります。

液別タイプ

液別タイプは使用前に電解液を注入して使用します。
電解液と中の極板が反応して電気が発生し、そのまま使用を開始することができます。ただし、製造されてから年数の経ったものや、密封シールが剥がれていたものは十分な電気が発生しない場合もありますので、その際は充電をしてから使用を開始してください。

※電解液は希硫酸ですので購入店にて注液および充電をしてもらってください。

充電済みタイプ

液入充電済タイプは既に電解液が入って充電されていますので、そのままご使用いただけます。 ただし、購入から使用開始までに期間があく場合は、補充電をする必要があります。

液別タイプ 注液時の注意!