バッテリーサポート クルマ 上手な使い方
目次
バッテリーの交換方法
バッテリーがあがった!
上手な使い方
これはやっちゃダメ
クルマ用バッテリーの基礎知識
バッテリーの処分方法

自動車用バッテリーを安全に御使用いただくために
長持ちの秘訣

メンテナンス|長持ちの秘訣|寒さ対策

マイナス端子を外す基本原則 1 バッテリーを常に満充電状態に保つことが大切です。慢性的な充電不足状態ではバッテリーの寿命は短くなります。

たまにしか車に乗らない、コンビニまでのチョイ乗りが多いなどの充電不足状態では寿命が短くなります。
2ヶ月以上車に乗らないことが判っている場合は、放電を抑える為にマイナス端子を外しておきましょう。それ以上乗らない場合は、2ヶ月毎に補充電をしましょう。
注意!: マイナス端子を外すと車両制御や時計、オーディオのメモリがリセットされます
ので、 設定し直す必要があります。
必要に応じて車両メーカーにお問い合わせ下さい。

大きなAV機器をつける基本原則 2 深いサイクルの充放電を繰り返すと寿命が短くなります。

エンジンを止めた状態でライトを点灯し続けたり、オーディオを聞いたりするのはやめる。
エンジンをかける時はエアコンやオーディオ等のスイッチをOFFにしておく。
消費電力の大きいAV機器を後付けした場合は、バッテリーの寿命も短くなります。この場合はバッテリー容量を大きくする必要があります。

適度に電気を補充するのが長持ちの秘訣だよ!基本原則 3 車両充電装置が正常であること。

バッテリーと車両側充電装置(オルタネーター、レギュレーター)は密接な関係を持っており、このバランスが崩れると、あっという間にバッテリーが寿命になってしまう場合があります。車両側の定期点検も忘れずに実施しましょう。