バッテリーサポート バイク バッテリーの交換方法
目次
バッテリーの交換方法
バッテリーがあがった!
上手な使い方
バイク用バッテリーの基礎知識

バッテリーの電解液は腐食性の希硫酸です。(毒物及び劇物取締法で劇物指定)
バッテリーの点検,交換,その他作業をされる場合は、保護めがね,ゴム手袋を必ず着用してください。
取り扱いをあやまると大怪我,やけど,失明,機器の破損に繋がります。
また、バッテリー添付の取扱説明書には『安全上のご注意(危険/警告/注意)』が記載されています。取扱説明書を熟読いただき、作業が不安な場合は仕入先,ご購入店にご相談ください。

Point1「バッテリータイプの確認」

バッテリータイプによって、交換のための準備などが異なります。お手元のバッテリーのタイプを確認してください。
タイプ1:開放液式(ベント形)電解液別タイプ
  • GSユアサ品では、パッケージが赤色のもの
  • また、「フタが黒で赤・黄・緑もしくは黒のキャップが取り付いているもの」
  タイプ1:開放液式(ベント形)電解液別タイプ

タイプ2:VRLA形(制御弁式)電解液別タイプ
  • GSユアサ品では、パッケージが青色もしくは緑色のもの
  • また、「本体が黒でフタにアルミの封口シールがついているもの
  タイプ2:VRLA形(制御弁式)電解液別タイプ

タイプ3:VRLA形(制御弁式)電解液入充電済タイプ
  • GSユアサ品では、パッケージが紫色のもの
  • また、「本体が黒またはグレーでキャップが取付済のもの」
  タイプ3:VRLA形(制御弁式)電解液入充電済タイプ