バッテリーサポート バイク バッテリーがあがった!
目次
バッテリーの交換方法
バッテリーがあがった!
上手な使い方
バイク用バッテリーの基礎知識

充電方法


普通充電
バッテリーの充電状態をほぼ100%まで回復させる充電方法です。
充電電流はバッテリーのサイズによって異なります。電流値はバッテリー本体に記載されていますので、必ず指定の電流値で充電してください。
本体に記載が無い場合は、容量の1/10の電流で充電してください(例:YB14L-A2の場合、容量が14Ahなので、充電電流は1.4A)。

▼普通充電の充電時間目安
端子電圧 充電時間
11.5V未満 20時間
11.5〜12.8V未満 5〜10時間
12.8V以上 必要ありません
▼充電状態の目安
端子電圧 充電状態
13.0V 100%
12.4V 60%
11.8V 20%
10.5V 0%

急速充電
エンジンが始動できる状態まで応急的にバッテリーを回復させる充電方法です。
急速充電は短時間でエンジンをかけることができる位まで充電することができますが、満充電までは充電できません。また、バッテリーの寿命が短くなりますので緊急の時以外は普通充電を行ってください。
充電電流および充電時間はバッテリーのサイズによって異なります。充電電流と充電時間はバッテリー本体に記載されていますので、必ず指定の電流値で充電してください。
注意
急速充電はバッテリーの寿命を縮めますので、できるだけ普通充電を行ってください。

取説よく読む充電に関するご注意!

VRLA(制御弁式)のバッテリーを充電する際は、必ずVRLA対応の充電器をご使用ください。
詳細な充電方法は充電器の取扱説明書をお読みください。
充電をする際は、フタを開け中にバッテリー液が入っていることを確認し、風通しのよい場所で充電をしてください。もしバッテリー液が足りない場合は、精製水(もしくは補充液)を規定量まで補充してから充電してください(補充のできないVRLAタイプを除く)。
バッテリーの電解液は、希硫酸です。衣服や皮膚に着かないようにご注意ください。