会社情報 GSとYUASAの歴史
会社情報トップ
会社概要
GSとYUASAの歴史

GS YUASA
1895 島津源蔵、日本で初めて鉛蓄電池を製造
1908 商標「GS」を使用開始
1912 蓄電池工場(新町今出川)建設
1913 初代湯淺七左衛門は金属の電解化学に関する研究を開始
1915 大阪府泉北郡(現堺市)の湯浅鉄工所内に湯浅蓄電池製造所を設け、蓄電池の生産に着手
1917 日本電池(株)を設立
1918 湯浅蓄電池製造(株)を設立
1919 自動車用電池の製造開始 大阪府三島郡(現高槻市)に新工場完成
1920 島津源蔵、「易反応性鉛粉製造法」を発明 自動車用電池を生産開始。据置電池用チュードル型極板も完成
1923 東京営業所開設
1924 乾電池の研究に着手。翌年生産販売を開始
1929 鉛粉塗料(株)(現大日本塗料株式会社)設立
1933 ガラス製水銀整流器の製造開始
1937 日本輸送機(株)設立
1938 アルカリ電池の製造開始
1939 高槻乾電池新工場完成
1940 超高圧水銀灯を開発
1941 小田原蓄電池新工場完成
1943 京都西大路工場完成
1949 再建整備計画に基づき、湯浅乾電池(株)を分離独立
1954 湯浅蓄電池製造(株)と湯浅乾電池(株)を合併、湯浅電池(株)として新発足
1958 日本電池ビル完成(東京支社)
1963 小田原に自動車用電池専用の新工場完成。ユアサバッテリーアメリカ設立
1965 藤沢工場完成
1966 サイアムGSバッテリー設立 日本で初めて完全即用式液別電池を発売
1969 自動車用電池工場完成
1972 P.T.GS Battery設立 超薄膜ユミクロンセパレーターによる高性能ユミクロン電池発売
1973 京都長田野工場完成
1977 GSバッテリー(USA)設立。新研究本館完成
1980 群馬工場完成
1981 ユアサバッテリー(U.K)リミテッド設立
1986 ジーエス・サフト設立。統一工業へ資本参加 ユアサバッテリー(U.K)リミテッドが輸出貢献企業として英国女王賞を受賞
1987 CIを導入し、企業理念・経営理念を制定
1988 フィアムGS設立
1989 ジーエス・イーイー設立
1991 天津統一工業設立
1992 CIを導入し、社名を「湯浅電池(株)」から「(株)ユアサコーポレーション」に変更
1995 山東華日電源設立
1996 合弁会社、広東湯浅新力蓄電池有限公司設立
1997 北京日佳電源、GSバッテリーベトナム設立、ジーエス・メルコテック、ジーエス・メルコテック上海設立
1998 AGMバッテリーズ設立 超薄型リチウムイオンポリマー二次電池を開発
1999 自動車電池部門分社化に伴い、ユアサバッテリー販売(株)発足
2000 サイアムGSセールス設立 ユアサバッテリーインク設立
2001 直接メタノール型燃料電池(DMFC)を開発
2002 杰士電池設立 合弁会社、湯浅蓄電池(順徳)有限公司設立。欧州統括会社、ユアサバッテリーヨーロッパリミテッド設立
2003 上海杰士鼎虎動力設立
2003 共同株式移転による経営統合基本合意書の締結
04年4月 (株)ジーエス・ユアサ コーポレーション設立
04年6月 (株)ジーエス・ユアサ バッテリー設立